1. >
  2. >

WEBデザイナーはPhotoshopを使う。安く購入して賢く使って作業を効率化!

 

WEB制作

WEB制作、WEBデザインにはPhotoshopが一番だと思います。Photoshopを安く購入する方法とPhotoshopの魅力、賢く使うための勉強方法をご紹介。

Photoshopを安く購入

画像・写真編集ツール「Photoshop」と写真管理ツール「Lightroom」がセットになったCreative Cloud フォトグラフィプランというサービスが提供されています。月額980円(税抜)で購入できますが、フォトグラフィプランには年間契約しかありません。年間契約をして月々に支払うか、一括で支払うか選択できます。

月々でも一括でも合計金額は同じで税込で12,701円となります。これを1万円以下で購入する方法をご紹介。簡単にいうと、Amazonを使うということです。

AmazonでのCreative Cloud フォトグラフィプラン 12ヶ月版 ダウンロードコードの通常価格が11,760円(税込)です。これが、年に1回~3回ぐらいセールになります。セール時の割引率は様々ですが、価格は8,500~9,800円ぐらいになります。

セールの時に購入すれば1年間Photoshopが安く購入できるということです。Creative Cloudは、まだ契約期間が残っていても購入した分は追加されるので、セールになったらどんどん買いましょう。

Photoshopをおすすめする理由

WEB制作を始めたばかりの人は基本的に無料で済ませようとするのでGIMPを使う人が多いと思います。GIMPは高機能ですが、操作が使いづらかったり、日本語文字入力に難があったりします。効率のいいソフトではありません。

一昔、WEB製作者の一部はFireworksというAdobeのソフトを使用していました。このソフトはWEB制作に最適化されていましたが、Photoshopよりも低機能、もともとAdobeのソフトではないためPhotoshopと仕様が異なる部分もありました。

Fireworksが開発終了し、Photoshop CCからはWEB製作者向けの機能が実装されてきています。そして、月額980円(税抜)という購入しやすい金額となったので作業を効率化できるPhotoshopはおすすめです。

将来、WEBデザイナーを目指すならPhotoshopスキルは必須でしょう。他の制作会社とのやりとりにはPhotoshopのデータ形式(.psd)を用いることが多いです。Illustratorデータ形式(.ai)の場合もあります。

Photoshopの魅力

  • 動画からGIFアニメを作ることも出来る
  • 同じ作業を繰り返すならマクロで作業効率化
  • よく使うマクロはドロップレットとして実行ファイルを書き出せる
  • レイヤースタイル効果で簡単編集
  • WEB制作が捗るプラグインがたくさん
  • バナー作成、画像作成、写真編集、WEBデザインにも使用可能

Photoshopを賢く使って作業効率化を!

Photoshopのスキルを身に付ける
WebデザインでPhotoshopを使う際の活用術17記事|ferret [フェレット]
ショートカットを覚える
グラデーションやスタイルを追加する
自分で作成しなくてもクリックするだけでグラデーションやスタイルが完成する機能です。その種類を追加しましょう。
保存版!Photoshop用無料レイヤースタイル750個+まとめ – PhotoshopVIP
プラグインを追加する
もっともっと作業効率化

ホームページを作ってお金を稼ぐ仕事はPhotoshopが必要だと思います。WEB製作者以外でもブロガーなどにもPhotoshopは便利だと思いますよ。

  • B!