1. >
  2. >

PHPでの日付/時刻処理をまとめ。書式・時間取得・進める/戻す

 

PHP 日付

覚えきれないPHPでの日付/時刻処理。自分用にわかりやすくまとめてみました。

日付/時刻の形式

  • Y4桁2016
  • m先頭にゼロ01
  • nゼロなし1
  • F英語January
  • M英語(省略)Jan
  • d先頭にゼロ01
  • jゼロなし1
曜日
  • D英語Sun
  • w数値0(日曜) ~ 6(土曜)
  • H24h / 先頭にゼロ00 ~ 23
  • G24h / ゼロなし0 ~ 23
  • h12h / 先頭にゼロ01 ~ 12
  • g12h / ゼロなし1 ~ 12
  • i先頭にゼロ00 ~ 59

関連リンク:PHP: date – Manual
関連リンク:PHP: strtotime – Manual

よく使う形式での時間取得

日本時間で取得するためのタイムゾーンの設定
PHP
date_default_timezone_set("Asia/Tokyo");
表示用
PHP
date('Y年n月j日 G:i'); //2016年1月1日 13:01
プログラム用
PHP
date('Ymd'); //20160101
出力するにはechoが必要
PHP
echo date('Y年n月j日 G:i'); //2016年1月1日 13:01

日付/時刻を進める/戻す

strtotimeを使えば、進めたり戻したりできます。

PHP
date("Ymd",strtotime("+1 day")); //1日進める
date("Ymd",strtotime("-1 day")); //1日戻す
年(year)、月(month)、日(day)、週(week)、時(hour)、分(minute)
strtotimeに変数を使うにはダブルクォーテーション内にそのまま記述します。
PHP
$date = '20160101';
$date = date("Ymd",strtotime("$date -1 day"));
echo $date; //20151231
クラウドソーシング「ランサーズ」
  • B!